メイン画像

辛い不妊治療を回避するために卵子凍結を検討しよう

30代を過ぎてからの妊活や晩婚で子供を持ちたいと願う人は、不妊で悩むケースも少なくありません。
自分は大丈夫と思っていた方、健康状態には全く問題がないという方も、いざ妊娠したいと思うとできないことがあります。
体の機能が万全に思える活躍したスポーツ選手などでも、不妊治療を行っている人もいます。
不妊治療ではタイミング法など夫婦の協力が必要で、これによって夫婦仲が険悪化するケースもあります。
時間も費用もかかるだけでなく、夫婦ともに辛い思いをすることが多いのも悩みです。
こうした将来の辛い不妊治療を回避するためにも、行っておきたいのが卵子凍結です。
妊娠適齢期の時期など卵子が元気なうちに卵子凍結を行っておくことで、将来、妊娠が難しい時期になっても辛い不妊治療に多くの時間を割くことなく、比較的スムーズに妊娠が期待できます。
もちろん、卵子凍結にも費用や手間はかかりますが、一般的な不妊治療に比べると精神的な辛さや苦しみがなく、妊娠できないかもという将来への不安が払しょくできるのもメリットです。
パートナーが決まっていない段階でもできるので、今は結婚予定がない独身女性や結婚より仕事優先という方も単独で利用することができます。