メイン画像

NDPマーケティングでDSPについて学ぶ

スマートフォンが普及したことによって、インターネットに触れる人というのは格段に多くなりました。
そういった中で様々なビジネスで重要になっているのが、インターネットマーケティングです。
インターネットマーケティングによって上手く広告活動を行うことができれば、それだけで多くの人に認知してもらうことができるようになり、ビジネスの展開に有利になります。
しかし、むやみに広告を行えば良いというものでもありません、適切な方法で行うことが重要になります。
そんな適切なマーケティングについて紹介してくれるのが、NDPマーケティングというサイトです。
こちらのサイトでは様々な種類のインターネットマーケティングについての手法が紹介されており、それぞれについてのマネージメントを行ってくれるようになっています。
ここでは同サイトで紹介されていた方法の1つとして、DSP広告を利用する方法について紹介します。
DSPというのはデマンドサイドプラットフォームのことで、広告主にとってメリットが大きい広告プラットフォームのことを指しています。
このポイントとなっているのは、「広告枠」ではなく「広告を見ている人」を対象にして広告を配信することができるという点です。
http://www.ndpmarketing.co.jp/service/dsp.html